企業情報                            沿革


社名 有限会社 村上鋳造所(ユウゲンガイシャ ムラカミチュウゾウショ)
MURAKAMI FOUNDRY,LTD.(日本輸出入者 標準コード登録社名)
所在地 栃木県鹿沼市白桑田517-5(カヌマシ シラクワタ)
資本金 3,000,000円
創業 1932年(昭和7年)
設立 1966年(昭和41年)
代表者 代表取締役 村上 哲也(ムラカミ テツヤ)
事業内容

銑鉄鋳物製造、鉄製品製造販売、非鉄製品製造販売、機械加工
機器設計、組付・据付・修理・解体
各種中古機、スクラップ売買
検査用ウェイト販売・貸出
調理器販売・貸出、アウトドア用品製造

登録認可 古物商、機械工具商
取得特許類 4件
技能士 3名
主要取引先
(順不同)
(株)神戸製鋼所 東京製綱(株) 東京鋼鐵(株) 昭和電工(株) (株)UACJ YKKap(株) (株)アーレスティ (株)大紀アルミニウム工業所 正起金属加工(株)
古河産機システムズ(株) (株)日立プラントメカニクス (株)昭和製作所
古河キャステック(株) (株)野村鍍金 サンテック(株) 草野産業(株) 他100社

昭和7年 栃木県鹿沼市戸張町に於いて発足
昭和17年 国の政策によりイタリヤ人技師、ドイツ人技師のもと銃器の軍需工場となる
昭和20年 鹿沼空襲により工場が爆撃を受け消失
昭和26年 栃木県鹿沼市上野町へ移転
昭和31年 当時では先駆けともなるキュポラでのダクタイル鋳鉄製造開始
昭和32年 栃木県鹿沼市東町へ移転
昭和41年 会社法により有限会社として設立
昭和53年 有機自硬性造型設備導入
平成元年 現所在地、栃木県鹿沼市白桑田へ移転
平成6年 検査用ウェイトレンタル事業開始
平成8年 栃木県フロンティア企業に認証
平成8年 (社)発明協会より発明奨励賞受賞
平成10年 栃木県優良デザイン賞受賞(インゴットケース)
平成11年 栃木県優良デザイン賞受賞(元気鍋)
平成17年 低周波誘導炉導入
平成20年 機械工場増設
平成20年 発光分光分析装置導入
平成21年 埼玉県鋳造技能競技大会、知事賞受賞2名
平成22年 小型自硬性ミキサー増設
平成23年 機械工場へ大型旋盤増設
平成26年 事務所移転
平成27年 高周波誘導炉増設
平成28年 ショットブラスト装置増設

機械工場

鋳造工場

事務所

福利厚生施設